チチャマグスク南側に位置する小波蔵集落内に点在する拝所群☆|沖縄放浪日記

この記事をシェアする

2017年12月9日土曜日

チチャマグスク南側に位置する小波蔵集落内に点在する拝所群☆

ハイサぁ~イ⭐

先月(11月)、糸満市小波蔵にある『チチャマグスク』へ行ってきたんですが、グスク内を見学した後、『チチャマグスク』の南側に位置する小波蔵集落へと向かいました。

同集落内にも、いくつかの"拝所"が点在しているんですよ。

沖縄県糸満市小波蔵の

『集落内に点在する拝所群』

糸満市 小波蔵集落の写真
かつて時報や火災を知らせる鐘として使用されていた『ボンベの鐘』。
前々回の記事でご紹介した一番最後の拝所を見学した後、その拝所の前から集落に向かって獣道が伸びていたので、そこから集落内に入りました。

・・・が、小波蔵集落内のどこに"拝所"があるのか全く把握していなかったため、とりあえず適当に散策してみることにしました(笑)

集落の道路に出て、右の方へ少し歩いていくと、雑草が生い茂っている場所の中央付近に何やら石碑らしきものを発見!!

んで、雑草を少しかき分けて覗き込んでみると、『井戸改築費寄付者芳名』が記された古い石碑でした。
『井戸改築寄付者芳名』の石碑。
ってことは、すぐ近くに"井戸"があるはずなので、この近辺を調べてみると、石碑が立つ場所の後方に2つの"井戸"がありました。
親井戸(ウヤガー)の写真
親井戸(ウヤガー)。
1つは『親井戸(ウヤガー)』と称される井戸で、周辺は石積みで囲われており、井戸口は金網で塞がれていました。

また、この『親井戸(ウヤガー)』から少し離れた場所には『子井戸(ンブガー)』と称される井戸がありました。
子井戸(ンブガー)の写真
子井戸(ンブガー)。
こちらは『親井戸(ウブガー)』よりも少し小さめで、『親井戸』と同じように井戸口に金網が設けられていました。

どちらの井戸も、手前に香炉代わりのコンクリートブロックが置かれており、今でも拝みが行われているようでした。

また、この2つの井戸がある場所の周辺をもう少し調べてみたのですが、こちらにはこの2つの井戸しかありませんでしたね。

ほいで、一旦道路まで戻ると、南側の少し離れた場所に木々が立つ場所があったので、そちらの方へ行ってみると、道路沿いに「いのちがたから」と記された石柱が立つ"拝所"がありました。
小波蔵集落の拝所の写真
「いのちがたから」と記された石柱の立つ"拝所"。
「いのちがたから」という文字の右側にも「ユタノミ~」と記されていたんですが、"~"の部分は判読できませんでした。。。(泣)

こちらの拝所から先程の芳名が記された石碑の前を通過し、集落の東側へ向かいます。

すると、石碑から約70mほどの距離左側に木々が立つ林があるんですが、その一画に「古池」と記された小さな石碑の立つ"拝所"がありました。
小波蔵集落の拝所の写真
「古池」と記された小さな石碑の立つ"拝所"。
また、この"拝所"の右側から北向けに獣道が伸びていたので、そちらの方へ入ってみると・・・
古池の拝所の写真
「古池」の"拝所"の後方にあった林の中。周囲よりも少し窪んでいました。
「古池」と記された石碑の後方の林の中は、少し窪んだ場所となっており、かつてはこの場所に"古池"があったのかもしれませんね。。。
※あくまでワタクシ個人の憶測です。

そして、獣道をさらに奥へ進んでいくと、突き当りに"井戸跡"がありました。
クシヌカーの写真
クシヌカー。
こちらは『クシヌカー』称される井戸跡で、手前には香炉代わりのコンクリートブロックが置かれており、向かって左側には木の板で作られた祠の拝所がありました。

こちらを見学した後は、また表の道路まで戻り、さらに東側へ向かいます。

「古池」の"拝所"の前から東向けに約30mほどの距離にある十字路を左折し、また最初の右側にある道路へ右折します。
小波蔵集落の拝所の写真
畑の北側にあった"拝所"らしき建造物。
すると、左側の畑の向こう側にコンクリートブロックで作られた建造物が建てられていたんですが、どうやらこちらも"拝所"となっているようでしたね。

また、少し東向けに進んでいくと、左側にも"神アサギ"のような"拝所"らしき建物がありました。
小波蔵集落の拝所の写真
拝所。
建物にはガラス戸が設けられており、道路上から内部が薄っすらと見えたので、中の様子を伺うと、部屋の奥の方に祭壇らしきものが設置されていて、その上に香炉や牌のようなものが置かれていました。

こちらを後にし、さらに東向けに進んでいくと、前方に数本の木々が立つ林があり、その内部に祠らしきものが見えました。
小波蔵集落の拝所の写真
写真中央の木々が立つ場所にも"拝所"がありました。
ほいで、その場所へ近づいていくと、内部は草刈りが定期的に行われているらしく、比較的綺麗な状態が保たれており、その内部に祠がありました。
小波蔵集落の拝所の写真
林の中にあった拝所。
小波蔵集落の拝所の写真
祠の内部には香炉と霊石が納められていました。
祠の内部には香炉と霊石が納められていました。

また、この祠の右側に細い参道が後方に伸びており、その奥にも石積みの拝所が2基ありました。
小波蔵集落の拝所の写真
祠の右側にある参道。この奥にも拝所が2ヵ所あります。
小波蔵集落の拝所の写真
祠の後方にある開けた場所。
2基ある拝所のうちの1基は、木の根元に山状に石が積まれており、もう一方はコの字型に石が積まれていました。
小波蔵集落の拝所の写真
山状に積まれた石積みの拝所。
小波蔵集落の拝所の写真
コの字型に積まれた石積みの拝所。
後日、ネットで小波蔵集落内の拝所についていろいろ調べてはみたのですが、詳しい情報が載せられた資料等が一切出て来なかったため、これらの拝所の名称や何が祀られているのかなどの詳細は分かりませんでした。。。(泣)

この3基の拝所がある林を出て、今度はその向かい側にある南へ伸びる道を進んで行きます。

約37mほど進んでいくと、左側の畑と畑の間に小道があったので、そちらへ入ってみると・・・
小波蔵集落の拝所の写真
畑の間にある小道。この先にも"拝所"がありました。
突き当りに開けた場所があり、そこに先のとがった大きな石や石積みなどがありました。
小波蔵集落の拝所の写真
畑の真ん中にあった拝所。
小波蔵集落の拝所の写真
崩れた石積み。
小波蔵集落の拝所の写真
"拝所"(?)のような場所。
三角形の大きな石。周囲にある石とは石質が違うみたいなので、"霊石"として置かれているのかもしれません。
こちらも定期的に清掃が行われているようで、比較的綺麗な状態だったので、"拝所"となっているのかもしれませんね。。。
※あくまでワタクシ個人の憶測ですので、定かではありません。

こちらを後にし、さらに南向に約55mほど進んでいき、右側の道路に右折してちょこっと進んでいくと、左奥に『小波蔵公民館』が見えてきます。

その『小波蔵公民館』のすぐ近くにも"拝所"があります。
小波蔵集落の拝所の写真
『小波蔵公民館』のすぐ近くにあった拝所。
標柱には、『字神(アザガミ)』と記されていたんですが、拝所の石柱にはこちら側に『クガニイシ』、裏側には『子宝石』と記されていました。

この『字神』と記された標柱が立つ拝所と『小波蔵公民館』の間の道を西向けに進んでいくと、塀で囲われた広い敷地があり、その一画に"拝所"らしき建物がありました。
小波蔵集落の拝所の写真
広い敷地に囲われた拝所。
この敷地に向かって両サイドと奥側はコンクリートブロックが積まれた塀だったんですが、手前側は古い石積みの塀になっていましたね。

建物のガラス戸が少し開いてて、その隙間からちょこっと内部が見えたのですが、祭壇と香炉等が見えたので、こちらも"拝所"となっているようです。

この敷地を右側からクルッと回り込むようにして裏手に回り、さらに西側へ進みます。
小波蔵集落の写真
綺麗な状態が保たれている敷地。こちらは内部が見えなかったですね。。。
すると、右側に綺麗な状態が保たれた敷地があり、その中央にトタン屋根の建物がありました。

この建物は鉄製の戸が設置されており、閉じた状態だったため、内部が全く見えませんでしたが、たぶんこちらも"拝所"の一つだと思われます。
※確証はないんですけどね。。。なんとなくそんな感じがしました。。。

こちらを後にし、さらに西側へ向かうと、右側に根元が石積みで囲われた大きな木が立っていおり、その根元の石積みの上には植木鉢などが置かれていました。
小波蔵集落の拝所の写真
根元が石積みで囲われた大きな木。その左後方にも拝所らしき建物がありました。
その大きな木の左後方に藪があり、その藪の中にも"拝所"らしき建物がありました。

そして、この先は、冒頭でご紹介した「いのちがたから」と記された石柱が立つ"拝所"の道に出たので、一旦引き換えし、そこから約87mほどの距離にある十字路を右折して、また南向に進みました。
小波蔵集落の拝所の写真
2棟の"拝所"が立つ敷地。
しばらく進んでいくと、右側にガジュマルの木が立つ敷地があり、そこに建物が2棟立てられていたので、前方に回り込んでみると、内部に数基の香炉が納められていました。
小波蔵集落の拝所の写真
敷地に向かって右側の建物。内部に香炉が見えます。
建物内部には、牌が立てられておらず、香炉のみが置かれていたので、何が祀られているのかや名称などは分かりませんでした。。。

・・・と、ここまで見学した後は、『チチャマグスク』近くに停めてあったクルマへと戻り、次は『チチャマグスク』の西側に位置する名城集落へと向かいました。

今回もかなり長くなってしまいましたので、この続きはまた別の回にご紹介したいと思います。

それでは、そろそろこの辺で。。。でわでわ☆★☆

最後まで読んで下さいまして、誠にありがとうございますm(_ _)m
宜しければブログランキングへ 御協力お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ  

『小波蔵集落内に点在する拝所

☆場所:〒901ー0341
      沖縄県糸満市小波蔵

☆見 学:無料

☆駐車場:無し

※訪れる際は、くれぐれもマナーを守って、他の来訪者や地元の方々に迷惑をかけないよう、十分気を付けてくださいね。

スポンサーリンク