◎『お見送り』と『やちむん』( ̄▽ ̄ノ)ノ☆|沖縄放浪日記

この記事をシェアする

2015年2月13日金曜日

◎『お見送り』と『やちむん』( ̄▽ ̄ノ)ノ☆

最近、あちらこちらお家や公園などに植えられてる『寒緋桜』が、満開になってて、メチャクチャ綺麗ですネ~(⌒▽⌒)/☆

まだまだ寒い日が続いてますが、少しずつ春の訪れを感じます(^艸^)
もぉちょっと暖かくなったら『釣り』行けるのになぁ・・・( ̄▽ ̄;(笑)

前々回の記事に書いたとおり、一昨日の2月11日(水曜日)は、ワタクシの後輩が、本土へ向けて旅立つ日だったので、ヨメさんと一緒に『那覇空港』まで、お見送りに行ってきました☆
沖縄の空の玄関『那覇空港』
彼は、格安航空会社(LCC)で、出発するとの事なので、空港ターミナルの1階で待ち合わせ☆
なんてアバウトな・・・(笑)

駐車場に到着し、電話してみると、ご本人、まだ空港に到着してないない・・・(爆)

とりあえず、ヨメさんと空港内を少しお散歩することに( ̄▽ ̄)ノ♪
『ヒロサー(メガネモチノウオ)』♪
お土産品店をグルッとウィンドーショッピングして、1階ロビーに降りると、到着ゲート付近に設置してある水槽を発見☆

覗いてみると・・・おおッ!!Σ( ̄□ ̄;)高級魚の『ヒロサ―』通称『ナポレオンフィッシュ』『クルバニーアカジン』がいるではありませんか!!!!!
※沖縄放言名『ヒロサー』⇒和名『メガネモチノウオ』、『クルバニーアカジン』⇒和名『コクハンアラ』

ちょっとワタクシの『趣味』が出てきちゃいましたが・・・(笑)
ドゥモスイマセンm(_ _)m

釣り好きなワタクシがちょっと興奮して魚を見てると、後輩から「着きましたぁ~」との連絡が入り、後輩と彼の送迎兼お見送りの優しい彼女さんと即合流☆

LCCのシャトルバスに乗り込むまで、まだ1時間くらいあるらしいので、4人でレストランに入り、コーヒー飲みながら時間を潰すことに☆
後輩と送迎兼お見送り役の優しい彼女さん☆
みんなでお喋りしてると、後輩のケータイに、お見送りに来た、彼の友人達が着いたとの連絡が入ったので、レストランを出て、彼らと合流☆

んで、あッとゆー間に1時間は過ぎ、出発の時間(^艸^)

バスに乗り込む後輩を、みんなで盛大に?見送って、『お見送り』終了ぉ~☆
後輩よ!ガンバってきんしゃいよぉ~(≧▽≦)b
那覇空港ロビー☆
彼女さんや友人達に声をかけ、空港を後にしました☆

ほいで、せっかく久々に『那覇市』まで出てきたので、帰りにワタクシの『陶芸家』の友人のお店を訪ねることにしました☆

沖縄県那覇市壷屋にある
『伝統的工芸品 壷屋焼 新垣陶苑』
那覇市の『やちむん通り』沿いにある『新垣陶苑』
この『陶芸家』の友人とは、大学時代からの付き合いで、同じ『サークル』に所属してたんですよ☆

んで、卒業してからもしばらくは、ちょくちょく一緒に遊びに行ったりしてたんですが、お互いいろいろ忙しくなり、めったに会えなくなっちゃいました・・・(;一_一)
ですが!こぉやって、久しぶりに連絡を入れると、疎遠になってた時間を忘れさせるくらい暖かく接してくれるので、最高のお友達です(笑)
『やちむん通り』
こちらは、『国際通り』方面から『やちむん通り』に入って、『通り』の終点手前の右手側にあります☆

彼とは、かなり長い付き合いですが、こぉやって彼のお店を訪れたのは、実は初めてなんです(笑)

お店に着くと、メチャクチャ久しぶりにもかかわらず、彼と彼のご家族が、暖かく出迎えてくださいました(^-^)b
お忙しい中、本当にありがとうございましたm(_ _)m
店内の様子♪
店内に入ると、彼と彼の父親の作品が所狭しと並べられており、ちょっと圧倒されちゃいましたね・・・(⌒▽⌒;
さすが『壷屋焼300年の伝統の技を受け継ぐ壷元直売店』!貫禄があります( ̄▽ ̄:

かなり久しぶりだったので、ホントいろんな話をさせてもらいました♪

んで、いろいろ話をしてる中で、彼の仕事やその内容を聞かせてもらうと、彼が『焼き物』を造ってる『作業場』は、現在保存修理工事中との事☆
やちむん通りから一歩中に入った所にうふやー(大家)があります☆
お店のすぐ近くにあるので、外から見せてもらったんですが・・・なんと!!!その『主家』『作業場』『登り窯』は、『国指定有形文化財(重要文化財)』になってるみたいで、ホント『スゴイ!』の一言しか出てきませんでしたΣ( ̄▽ ̄;(笑)

保存修理工事は、まだまだ長い時間かかるみたいで、中を見物することはできませんでしたが、たまたま通りかかった方も、興味津津で、友人に話しかけて、熱心に彼の話を聞く方もいらっしゃいました☆

しばらくして、彼は、また保存修理工事の現場に戻らないと行けなかったので、ここで彼とは別れ、ワタクシ達はお店に戻り、彼の奥さんと母親と少しだけお話を聞かせてもらい、その後、感謝を伝え、お店を後にしました(@^^)σ
保存修理工事中の『主屋』『登窯』
本当は、もっと彼からのお話やお店からもらったDMなどに書かれてた内容を詳しくお伝えしたかったのですが、そぉすると、かなり長ーくなってしまうので、それはまたの機会にしましょーね(^_-)-☆
次回までに、ワタクシもいろいろ沖縄の『やちむん』について勉強しておきますwww

この日は、後輩を見送ることができたし、久しぶりの友人と貴重な時間も過ごすことが出来たので、とても充実した一日でした(笑)

みなさんも、もし機会があれば、『やちむん通り』に足を運んで、沖縄の貴重な歴史ある文化に触れてみては、いかがでしょーか?o(⌒▽⌒)o

でわでわ☆★☆

最後まで読んでくださって、ありがとうございますm(_ _)m
宜しければブログランキングへ 御協力お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ    

☆店舗情報☆

『伝統的工芸品 壷屋焼 新垣陶苑』

☆お問い合わせ:098-864-1713

☆住所:〒902-0065
     沖縄県那覇市壷屋1ー30-7
     (やちむん通り沿い)

☆営業時間:9:30~18:30

☆駐車場有り

『やちむん』沖縄の方言で、『焼物』のことを『やちむん』と呼びます。沖縄では、『食器』『泡盛』などの容器として、古くから愛用されてきました。約400年前から、職人によって作られてきました。
『やちむん』は、大きく分けて、『荒焼』とよばれる南蛮焼の系統を汲むものと、『上焼』と呼ばれる大陸渡来系の絵付があります。
現在では、地元では『贈り物』『生活用品』として、また人気の『観光土産』の1つとなっています。
(Wikipedia及びおきなわ物語より抜粋)

スポンサーリンク